プレコとおまけの飼育日記(メガクラ、ウルスカ、アルタムも)

プレコを中心に、アルタムエンゼル等紹介する予定です。

秘蔵個体
秘蔵中の秘蔵個体です。10cmアップでこの白さ、実際の白色はプラチナの白ペンキを塗った感じです。出てこないから、もったいぶってちょっとだけ。
  1. 2013/05/27(月) 23:26:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メガクラ個体3
あまり綺麗な写真ではありませんが、この個体も明らかに白黒反転個体です。いつも、アップする個体群とは、別のF1個体です。白地は、写真ではわかりにくい?、真っ白ではありませんが綺麗ですよ。少しスレンダーな体型です。実は、親はある程度童貞できるのですが、はっきりしません。(当然、メガクラではありません。)親に遺伝的因子があれば、反転個体(メガクラ)が出るのでしょうかね。まだ、5cm弱の個体ですから、今後の変化が楽しみです。よくなってほしいな。
  1. 2013/05/26(日) 20:34:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカーレットの赤の滲み

スカーレット
スカーレットのにじむ赤です。2匹外で弱い個体ですので、赤も控えめのような気がします。1っ匹飼したら、もっと赤の滲み多くなりそうですが。こういうところは、ウルスカよろ顕著だからおもしろいですね、
デスカスですとマグマ個体ですけね。スカーレットでもいろいろの赤の表現がありますね。
  1. 2013/05/20(月) 23:39:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルスカの小型楽しみ個体
ウルスカの20cm前半の小型個体デス。まだ、色的には赤が薄いですが、秘所に楽しみにしている個体です。ウルスカの注意はなんと言っても飛び出し事故ですね。
  1. 2013/05/17(金) 00:12:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガクラとは?

自分的スペシャル個体の成長
最近のスペシャル個体の成長ぶりです。この個体意外にも、親違いで非常に確立は低いですが、メガクラ個体が出現しています。メガクラ個体は2時成長期(幼体~成体になる時期のことと勝手に命名)に白の免責がどれも増えるようですね。そうしないとメガクラにはなりませんが。いくら白がおおくて白黒が50:50位のこたいで白の面積が減少する個体はメガクラと言えないような気がします。(自分の独断と偏見です。)ただ3時成長期(成体後にさらに成長する時期)この時期になると白の面積が減る個体や大きく模様が変わる個体もあり今後の課題ですね。写真の個体は、白の面積も白の質も兄弟魚とは明らかに違います。どう変化するのかな?白は一段と厚く綺麗になっています。
  1. 2013/05/15(水) 23:10:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホワイトニューメガクラF1 一期生
このタイプどのような名前付けていいかわからないため、ホワイトニューメガクラと仮名称つけました。
一期生は、だいぶ大きくなり8cm程度です。普段はそう目立つ個体ではないのですが、写真に撮ると、割合白の面積が多く、この血統は、白地が綺麗だから見栄えがします。。表紙の魚の兄貴分になります。もう少し変化するかな?
  1. 2013/05/13(月) 20:46:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツブリードのメガクラ

ドイツブリードですが
この個体は、ドイツブリードです。ドイツブリードで成長とともに良くなったことはなかったのですが、この個体は化けました。3cmぐらいからほどほど綺麗だっつたのですが、これほど白の面積が増えるとはいい意味で裏切られました。ドイツブリードといってもブリダー一人ではないだろうし、イメージで判断してはいけませんね。
  1. 2013/05/12(日) 22:41:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルスカスーパーレッド

赤いウルスカ自分的にはお気に入りのウルスカデス。光源はLEDの白色光でとってます;。顔やボディーの一部にも赤が出ています。典型スーパーレット個体だと思っています。まだ30cm弱のため育成個体ですが、将来この個体から個体を撮りたいような、傷つけるのが嫌だから大事に飼いたいような。元祖ウルスカマニア(自負)としては悩むところです。
  1. 2013/05/12(日) 01:36:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温室の保温について
今回は、魚ねたではありませんが。
家の温室は、保温の電気台節約のために写真のように屋根、壁、床すべてに保温材を使用し、その上なるべく空間を少なくするように設計しました。ところがモーター類の温度でこの季節になると既に室内温度は、飼育の最適温度より高くなりすぎ、ドアを開放するか、冷房がひつよpな状態になります。一応サーモ付きの換気扇などもあるのですがそれでは追いつきません。その他、いろいろ工夫しているのですが、なかなか思い通りにはいきませんね。冬場の湿度の問題もあります。まだかなり改造が必要です。困ったものです。
  1. 2013/05/02(木) 22:38:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからどうなるか?
前に一度アップしたF1こたいですが、特に背びれが面白いですね。真ん中がほとんど白抜けしてます。これからの変化が楽しみです。このままということはないと思いますが、黒の面積が増えるか?ラインの数が増えるか?または想像外のことがおきるか。楽しみです。良い個体を見つけて、いろいろ想像しながら育てる、ブリードは夢があっていいですね、まあ、ほぼ自己満足の世界ですが。
  1. 2013/05/01(水) 22:01:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

オマケさん

Author:オマケさん
ナマズにはまって40年。いまもプレコ大好き人間。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (278)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR