プレコとおまけの飼育日記(メガクラ、ウルスカ、アルタムも)

プレコを中心に、アルタムエンゼル等紹介する予定です。

Ver.3の変化の特徴について

Ver.3の3cm個体
Ver.3は、細ラインのメガクラを雄親に持血統になります。
先の、Ver1.Ver.2と比べるといろいろの表現変化の違いが出ています。
写真の個体は3cm位の個体になりますがコントラストの発現は前Verより遅い傾向にありますね。しかし、この大きさの個体より黒ラインが中割れし始め目がクラの特徴が出始める個体が多く見おられます。メガクラの判別が、早くにできることはブリーダーとしては非常に喜ばしい事ですね。Ver.3の5cm個体
5cm位になると、コントラストもだいぶしっかりしてきています。中割れも進み良い方向に変化してきています。地肌の色、ライン、コントラストはこれからまだ変化してきます。Ver.3の良個体
中には、3cm位で写真の表現を示す個体もいました。なぜか、非常に少ないんですが、このような、超細ライン個体も出るのですね。反転個体が主表現のVer.3の中でも、3cm位でここまでの表現は異質です。
Ver.3の特殊個体
さらに、この様な、色素異常?個体も出現しております。今後の成長が楽しみです。黒色素が少ないためか?体側の表面がライトを当てるとキラキラ反射して、実物は非常に美しい表現をしています。
メガクラはどの系統でもそうですが、もともと特殊な遺伝因子を持つためか、ブリードすることにより、さらに面白い表現個体が出てきます。メガクラ票現の追求とともに、さらなる特殊個体の産出、「まだまだ夢が広がるなー。」といった感じですね。
  1. 2015/06/28(日) 09:29:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ver1.spについて

Ver.1sp1
写真は、Ver.1の中で唯一反転個体の「バタフライ」の次世代魚になります。雌はVer.1のノーマル表現個体です。
今後は、Ver.1sp(スペシャル)と呼ばせていただきます。現在、早い個体は6cmを超えだし、変化も見え始めました。あと、2ヶ月ぐらで、リリースできたらなと考えています。Ver.1sp4
Ver.1sp.3
Ver1.sp.2
個別で写すとこんな感じです。良い個体は、反転化するでしょうし、反転しなくても、反転因子は持っているため、次世代行こうには期待できる個体群です。自分としては、厚塗りのクリーム色地が好きですよ。まだ、もうひとバケはしそうですね。自分も今非常に楽しみです。ほんとは、すべて置いておきたい、お気に入り個体群です。
  1. 2015/06/18(木) 00:13:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Ver2の雄成熟個体
写真は、Ver.2の雄親の個体です。10cm以上の個体で現在たね親の一匹として、2.3回産卵させている個体です。産卵させる前までは、ドットもなく、良い個体だけれど反転ではないかなと思っていたのですが、最近では細かいドット出現。ドットが出るからすべて反転個体かは、これからの課題でもありますが、あらためて、遅い表現個体もあるものだなー、て感じです。
 ところで、今月のアクアライフでは、オマケハウスの個体をほんとに綺麗に撮影し掲載ていただき、感謝、感激です。ありがとうございました。さすが、プロですね。改めて、自分もすこしでも綺麗な写真を取るようがんばらなければいけないなと感じております。 取材の話でも、自分の要点のつかめない話から、いろいろまとめていただき、そのご苦労は大変なものだっただろうなと痛感しています。
 自分の話は抜きにしても、今回のアクアライフはかなり完成度が高くインパクトのある一冊ではなかったのかなと感じています。
 取材中もいろいろの話ができ、アクアリストとしても、楽しい時間でした。遅ればせながら、この場を借りて、アクアライフのスタッフの方々にはお礼と感謝の言葉を述べさせていただきます。
 また、プレコのブリード仲間も皆さん掲載されており、改めて、皆さんの熱の入れようには感心させられました。これからも、多くのプレコ愛好家が増えることを願いつつ、楽しくプレコの世界が広がればいいなと、思っています。
  1. 2015/06/14(日) 13:00:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガクラの地肌の違い

メガクラ系細ライン2
この個体はまだ5cm弱で、黒ラインもまだ不鮮明で、地肌の白も十分色が出ていない個体ではあります。ラインは補足既に乱れ始めており、魅力的なこたいではあります。
メガクラ系細ライン
こちらは、同じホソライン系統で8cm弱でだいぶ地肌の色も濃くなってきています。この2個体を比べると、写真と実物は違うため、表現が伝わりにくいのですが....コントラスト、地肌の白地の濃さの重要性が少しは伝わるかなと思います。
最終的には、糸のように細い真っ黒のラインが、ペンキで書いた様なラメ入り白地の上に、入り乱れるのが理想でしょうか?(あ、もしかしてサムライプレコ?かな)。自分がメガクラが好きなのは、単に反転できれになだけでなく、ブリードにより、いろいろの表現が出せるとともに、自分が頭に描いている表現が出せるところが面白いと感じています。
それと、Facebookの「Hypancistrus Japan」というのが熱くなってきています。興味のある方は是非参加してみてくださいね。
  1. 2015/06/07(日) 00:52:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

オマケさん

Author:オマケさん
ナマズにはまって40年。いまもプレコ大好き人間。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (279)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR