プレコとおまけの飼育日記(メガクラ、ウルスカ、アルタムも)

プレコを中心に、アルタムエンゼル等紹介する予定です。

ようやくリリースです




オマケv1
今日は、オマケのリリースの話です。今日朝早くに、おまけバージョンをサンクさんにリリースすることができました。
今回の中心は、「オマケVer.1sp」になります。これは、自分が一番気に入っている、バージョン1の「バタフライ」の直系になる子供たちです。親が、反転個体のため、反転する確率は高く、また現状でも白面積が非常に多くなってきています。先に成長した個体からすると、コレからもうひとばけしています。背びれ、尾びれに特徴のある個体、コントラストが非常に強い個体等、多少の違いはありますが、概ねどの個体もクオリティーは非常に高いと自負しております。
 リリースは写真の5匹になります。
ニューメガライン
次は、新しい系統になります。「オマケニュウーメガクラライン」(以下おまけNMLINEと呼びばせていただきます。)
この「おまけNMLINE」は両親にニュウメガクラの表現を持つ子供達になります。基本は、ニュウメガクラ表現になると思います。
 ただし、現状でも非常に良い表現のため、リリースしました。今後の変化は、初めての系列のためわかりませんが、怪しい感じのする個体もいます。コントラスト等は、今までのVer.1と比べると劣るかなと思います。その分、Verよりは、リーズナブルにしていただけるようサンクさんにはお願いしてあります。
バージョン2
それと、3びきだけですが、Ver.2も、5~6cmの小さめですが入っております。
変化は、これからですね。
バージョン3
それと、今回一匹だけですが、前々回でしたか紹介した、おれの一匹系統(以下 オマケOr-1とします。)も出させていただきました。まだ、変化前の個体のため、早いかなあとも考えたのですが、この怪しさを見れば、わかる方にはわかるかなと思いリリースさせていただきました。あと、この系列のノーマル表現の個体も一匹いたため、一緒にリリースしてあります。

あとは、ヤムンダダークエビルの「2012年タイプ」もフルアダルトも数匹リリースしてあります。
雌雄もはっきりしていますし、しっかり成熟しているため、即戦力として飼育できると思います。
タイプ的には、今年のヤムンダとは異なり、ウワツマに近いタイプになります。
また、サンクさんのホームページにも載ると思いますので、気になる方は御確認お願いします。
今回は、最高峰の子供から、新しいラインまでリリースできよかったなと感じています。
ただ、新子ラインは、今後どのように変化するかわからないため、ブリーダーとしては勇気がいりますね。
Ver1~3に関しては、先に少数取れた個体で自分的には、確認していたため安心でしたが今回はそれがありません。
皆様の目で見て、将来性を感じる個体を手に入れて頂ければ幸いです。
また、わからないことがありましたら、ご質問下さい。
もうすぐサンクさんも着く頃ですので、以上報告でした。
  1. 2015/08/30(日) 10:51:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい血統です。

Newバージョン2
Newバージョン1
新しい、血統の紹介です。
俺の一匹血統になりますが、今までとは違う種親からの血統です。現在は、数が少ないため、新たなバージョンにするかは検討中です。仮に「オマケ-Or.1」と呼ばせていただきます。地肌に色は、写真ではわかりにくいのですが、今までのVerと違う表現です。
各ヒレは乱れている個体が多く、明らかなリアル表現をしています。反転率もかなり高く今後楽しみな血統ですね。
  1. 2015/08/23(日) 08:28:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バージョン1spの変化

バージョン1-1
熱い日が続きますね。皆さん水温のほうは大丈夫ですか?
今日は、8月7日にお伝えしたバージョン1spの個体が、変化してきたのでお伝えします。
少し汚い写真でスミマセンが、写真の個体は、8月7日に撮影した個体のうちの一匹です。ここ数週間で、黒ラインの途中が白抜けするのと、ライン全体も細くなってきています。肩口のところや顔も今後抜けてきそうですね。各ヒレのラインも細くなってきています。
地肌は、写真のとおり、きめ細かい薄いクリーム色で非常に綺麗です。今後の変化が楽しみな一匹です。
バージョン1-2
この個体は、ラインの形状の変化は少ないものの、コントラストがくっきりしてきました。バージョン1の良血統を引き継ぐ一匹です。
他の個体も成長とともに、このようにくっきりしてきてほしものですね。
尾びれの模様が個性的な一匹です。これから、細ラインかするかこの表現で行くか、ブルーダーとしても興味をそそる一匹です。
  1. 2015/08/23(日) 08:11:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルカスタイル

オルカスタイル
まだまだ暑いですね。
おまけハウスは、全体をクーラーで管理しているのですが、最近外気温が高すぎて水温も上昇気味です。
それに伴い、濾過細菌の活動も低下気味かすこ、少し飼育水の濁度がましていてどうしようか、錯誤中です。
ところで、写真の個体は、前に一度アップしたかな?「バージョン1sp」のオルカ個体です。オルカの由来は、前にプレコ仲間の方が「オルカみたいですね。」と言っていただいたのをきっかけに、そのまま使わせていただいています。
まだ、5cm弱のためか、模様のための印象かスレンダーに見えますね。背びれを広げるともう少しりっぱなのですが、この子はなかなかカメラの前では広げてくれません。少しずつ黒面積の比率は減っつているのですが、大きな変化はないですね。もう2~3cm成長すると、模様の変化期に入るためその後が楽しみですね。この、バージュン3spの個体群は、ある一定の大きさに達すると急激に変化する個体が多くいます。もちろん小さいうちに変化する個体もいますし、結果的に変化しない個体も出てくる(これは、もう1~2年しないとわかりませんがね。)と思います。この急激な変化をみんな「化ける」と表現してますが、これが楽しみであり、驚きであり、感動ですね。メガクラブリードの一つの楽しみでもあります。
 一昔前までは、綺麗なワイルド個体を購入しても、久しぶりに出てきた個体を見ると真っ黒になり、どうみてもこれが導入時の綺麗なこたいだと信じられないことが大半でした。
 これが、今では、良い方向に化けて当たり前の認識の時代になっているような気がします。
しかし、現実は厳しく、現在のジャパンブリード個体の全てが、よく化けるわけではありません。おまけハウスでも同じです。
 ですから、良い血統が必要であり、良い血統とは、魚の表現もあるのですが、反転個体の遺伝率も血統により全く異なってくるため、反転の遺伝率が高い血統でありことも、一つの条件であると思います。
 おまけハウスでも、今後、「表現」「反転率」を重要視しながら、血統管理していきたいなと考えています。
ということで、今日は、水槽の水質改善に取り組みますのでまた報告いたします。
 
  1. 2015/08/15(土) 09:20:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラックエッジについて

エッジについて
今日は、背びれのブラックエッジについてのお話です。
メガクラの特徴はよく、「逆Y」「ドット」「ブラックトップ」「ブラックエッジ」などと言われます。
自分的には、」「ドット」「ブラックトップ」は反転個体として考えると、でても当然だと思いますが、何故、「ブラックエッジ」が出るのでしょうかね。」残念ながら、現在のところうまく理由付けはできません。ただ、「ブラックエッジ」の個体がメガクラには比較的多く存在することは確かです。また、見た目にも魅力的に感じませんか。写真の個体は、まだ未成魚のため、コントラストがいまいちですが、真っ白な背びれに黒いエッジが入る姿は、非常に魅力的です。ただし、ブラックエッジやそれ以外の特徴がなくても、反転個体は多く存在することもお忘れなく。
バージョン3の変化
それと、Ver.3の特殊個体が、変化してきたので、ご報告します。
体表に細かい模様が出てきました。これからも楽しみです。
実物はもう少し綺麗に見えます。
そんなことで、また報告しますね。
  1. 2015/08/09(日) 10:59:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バージョン1スペシャルのリリースについて

バージョン3-1 
ご無沙汰しています。別に活動停止していたはけではありませんが、(ブリードは地道にやってます。)ほんとブログが久々になってしまいました。これではいかんと思っているあいだは、また、頑張る予定です。
 今回は、バージョン1スペシャル(以下 Ver1sp)のリリースについての話です。
Ver.1psは、自分がいちばんきにいっている Ver.1の通称バタフライと呼ばせていただいている個体をオス親として持つ、反転の遺伝子をもつ血統になります。
 現在もおおくの個体が変化していますが、変化も楽しんでもらうために、そろそろリリースしていいかなという感じです。バージョン3-2
今後、どのように化けるかは、個体差もあるためわかりませんが、先に変化した個体はこんな感じです。
バージョン3-3
バ-ジョン3-4
変化して細ラインになった個体は、変転個体の特徴はまだ出ていませんが、まず反転個体だと思われます。
 すべての個体が、このようになるかは、先に成長したのは2個体だけのためわかりませんが、期待できる個体が結構います。
最悪、反転しなくても「反転の遺伝子」は持ち合わせているため、次世代には「反転遺伝子」が反映されます。
 自分としては、バタフライが他のVer.1と比べて少しコントラストが弱いため、今回の子供たちも一般的なVer.1と比べると多少コントラストが劣る傾向にあります。この辺は、次世代への課題ですね。
 そんなことで、少数ですが「Ver1.sp」リリース予定ですので、もし興味ある方はよろしくお願いします。
それと、なにかご質問等ありましたらお気軽に、FaceBookでも、この質問の窓口でもしてください。
よろしくお願いします。
 
  1. 2015/08/07(金) 09:59:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

オマケさん

Author:オマケさん
ナマズにはまって40年。いまもプレコ大好き人間。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (279)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR