プレコとおまけの飼育日記(メガクラ、ウルスカ、アルタムも)

プレコを中心に、アルタムエンゼル等紹介する予定です。

最近のVer.3たち

Ver32
Ver.3は、意外と個体差が多くそれぞれ面白い表現をしています。
現在、おまけハウスで次々世代に種親にしようとストックしている個体の一部を紹介しますね。
まずは、こんな感じ。親より地肌は白いですね。背びれ最後足りない?ようですが、背びれ、体とも面白いひょうげんしてます。
Ver31
見ての通りの細ラインです。これからどのように変化するのでしょうかね。
Ver33
似たような感じですが、微妙に表現が違いますね。このまま、細ラインでいっつてくれれば面白いですね。
Ver34
それと、前に登場した、特殊個体です。実物はもう少し白いです。ただ、らいんがないと面白くないかな。
種親として使用すると、次世代にどのような表現が出るか楽しみですね。
それとまだ成長と中ですので、成熟するとどのような表現になるか、それはそれで楽しみです。
どの系統も、反転個体は、ある程度の確率で出現します。
しかし、一般的にリアルと呼ばれる、ほんとの細ラインの出現率はかなり低いですね。
おまけハウスには、こんな館図の細ラインの「メガクラリアル」がたくさんいると思われている方もいるかもしれませんが、そんなにたくさん存在しているわけではありません。なんとか、もっと「リアル個体」の出現率を上げたいのですが、なかなか至難の業ですね。一般的にリアルと呼ばれる個体は、メガクラ(反転個体)のなかでももう一ランク上の特殊個体といった印象です。
ただし、30mm~40mm未満で、白が多い個体はよく見受けられますが、後からかなり変化する個体もありますので、そこは血統などを参考にして、じっくり考えて、手に入れることをお勧めします。
まだまだ奥が深いメガクラ個体群ですね。
まだまだ進歩すると思います。
  1. 2016/05/31(火) 00:43:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また少し、若林さんにリリースしました。

メガクラリアル
メガクラリアルです。尾びれは再生中です。
まだまだ変化する、スーパーホワイト個体です。


Ver2(Sクラス)
Ver.2の細ラインです。反転している可能性大ですね。
先日リリースした、細ラインのリアルこたいほどではありませんが、Ver2の最上級クラスです。


メガクラ
前からいた個体ですが、思いっきり化けました。尾びれも特徴的ですね。
その他、追加および写真撮りなおしましたのでもしよろしければ、ペットショップ若林のブログをご覧ください。
本日は以上です。
  1. 2016/05/29(日) 01:16:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

メガクラリアルについての一考察

メガクラリアルについての一考察
たまたま、リアルのめがくらの並んでいる写真がありましたので、一考察をお話ししたいと思います。
一般的にに、どの系統からも、リアル個体は確立はまちまちですが、出現する可能性がある湯に思われます。そのとき、飼育舎は、5cmぐらいになると、その特殊性というか同じ個体群の中でも、ひときわ目立って目が行くと思います。
 もちろん、メガクラリアル表演になるのは、早い個体では、3cm弱でもンりますが、遅い個体では8cm以上になってから変化する個体もあります。そのなかで、平均的には、やはり5cmぐらいで変化するものがおおいでしょうか。
 ただその時の体色は、コントラストこそ差があるものの、白地はどれも他の兄弟個体より真っ白な個体が多いように思われます。
本来の、字の色は、やはり8cmぐらいになるといろいろ変化してきますね。純白のペンキでぬったスーパーホワイトになるもの、黄色が苅藻の、茶色ぽくなるもの色々いる思います。逆に5cmぐらいだとリアルであることはわかるのですが、それぞれの系統の特徴が少なく、じぶんでもあまり違いがわからないのが本音です。(中には、まったく違う個体もいますがね。)
 その後の変化は、系統を考えて想像するしかないと思います。
写真の個体は、一番手前は、中割れタイプですね。黒がなかわれしてきて一段と細ラインになります。メガクラでないと中割れしても、またそれぞれの黒ラインが太くなり最終的には、黒がほとんどの金ペコになりますよね。
奥の2匹はまだ、完全に細ラインにナッツていませんね、黒ラインのエッジが少しぼやけています。このようなタイプは、これから黒ラインが周りから薄くなり、細ライン化することが多いですね。
 完成型になるまでには、数年を要します。どこもそうがとおもいますが、リリースする魚は、当然未完成の魚です。
 みなさんがその将来性をみこして、どのような魚を選択するか、血統はだいじなファクターです。しかし、いくら血統がよくてもすべて良い魚、自分が想像する魚になるわけではありませ。そこは、皆様の眼力でしょうかね。
 おまけハウスとしても、できるだけ将来性豊かになるであろう個体をリリースしているつもりですが、どうしても自然の変化すべてを理解することはできません。cm8cm
 また、逆もあります。こんな魚が、いつ変化したのといった感じで、8cmすぎてから変化するのも多く見受けられます。
  これはこれで面白いんでsyがね。奥が深いです。
たまたま、リアル三個体の写真があったため少しリアルについてお話しさせていただきました。まだまだ、お話しはありますが、それは次の機会にでもお話しいたしますね。
  1. 2016/05/25(水) 07:03:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まら、リリース情報になっつてしまいました。

メガクラリアル
せっかく、本日は写真をいろいろとって、今後のおまけハウスの方向性の話をしようと思ったのですが、接続コードを忘れてできずじまい。しょうがないから、若林さんの画像を借りてリリース情報です。
写真は、50mmほどのメガクラリアル個体です。黒字がぃえかかっつています。これから、もっと細ラインになると思います。
白地は写真より白く、スーパーホワイトできれいです。是津大敵メガクラリアルですね。
Ver.2
Ver.2のたぶんメス個体です。字の色はクリーム色で特融ですね。厚くてきれいです。今後反転して化ける可能性ありますよね。見る人見ればわかりますよね。コントラストも強く、良いメス個体です。
NonVer.
まえからの個体ですが、白地が真っ白になって、コントラストも強くなりました。バランスの良い個体ですね。
その他いろいろリリースしてありますので、「ペットショップ若林さん」のブログをよければ見てください。
次回はまともなブログ書きますね。


  1. 2016/05/22(日) 22:50:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでも、スーパーインペの子供です

これでもスーパーインペ
これは、おまけブリードのスーパーインペです。かなり、キンペコよりの個体です。尾びれ、胸鰭などは明らかなキンペコよりのひょうげんですね。驚くのは、その成長スピード。たのスーパーインペに比べて約バイの成長スピードで、すでに、10cm弱と親を追い越しています。様態の時から模様も他のスーパーインペとは一線を画いていたのですが、このようになるとは驚きです。たのスーパーインペとのペアアリングは不可能でしょうね。
 しかし、うちの、メガクラとはペアリングできそうです。ハイブリッドに関しては、賛否両論ですが面白そうではないですか。
しかし、子の個体は、反転個体ではないのでしょうね。
 今後が楽しみな一匹です。
  1. 2016/05/19(木) 05:41:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若林さんへのリリースです

リアル new血統

今日は、すこしペットショップ若林さんへのリリース情報です。
これは、見たとおりのブラックエッジ、純白の細ラインリアルです。黒らいんが不鮮明ということはまだ細ライン化が進むと思います。
尾びれも特徴的です。後日親は照会しますね。新しい血統ですが、なかなか良い血統だと思います。
Ver.1 * NonVer
これは、まえからいる個体です。
もう少し、クリーム色で、メリハリ抜群で、自分ではお気に入り個体です。鼻先の黒ラインがわれているのがいいですし、よくよく見るとブラックエッジ化してますね。動かなければ、もってかえって種親ですね。ラインはすこしずつほそくなってきています。
Ver2
これは、前からいるVer.2個体です。前の写真と比べるとわかりますが、化けてきてますね。わかりますか?
Ver1  * L333
あとは、Ver1とL333の個体です。何気にいい個体が混じってます。
分けようかなとも思ってのですが、全部同一でのリリースしました。
どれがよいかは、一目瞭然ですね。
よろしくお願いします。

次回は、久々にスーパーインペ情報でもしますね。結構面白いと思います。
  1. 2016/05/16(月) 19:11:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のおまけハウスの動向について

最近のおまけハウスの動向
ご無沙汰でしょうかね。
連休中は、先日破壊した、水槽の後に1200*600*30を4分割した水槽を4個いれ、セットしていました。
これを、3~4㎝以降に成長した幼魚の育成水槽とするために、少しずつ魚を移行しています。
 ところで、写真のVER.1spは、立派なメス個体に成長し、Ver.1spの親のお相手になってもらっています。
子供もとれているため、来年には、かなりクオリティーの高いVer.1spがリリースできそうです。
Ver.1関係については、未成熟個体は、どうしても黒ラインがが太く細ライン系列より人気がないようd巣が、じっくり買い込むと、少しづつラインが干すくなる個体が多く、最終的には、すべてではありませんが、注ライン系に負けず劣らずの個体も多数出現します。
 そのような意味で、自分は、Ver.1系列は好きですね。
 反して、Ver.3ですが、現在お俺一系統のF2の細ラインとペアリング及び産卵中で、これは、かなり期待しております。
あと、蛇足ですが、少し前のリリースで、Ver.2の細ラインをリリースしました。ほんとは親だねにしたかったのですがね。今のところ、あの2匹だけですね。あの親の白地は、非常にきれいな白地のため、ほんと将来性豊かです。自分も将来の姿を期待しています。
 その他、多くの親が、産卵うを指定Rのですが、自信もってリリースをできるのはほんとに一握りの血統だけです。何とか、本年度中に、ものになる血統をふやしたいなと、色々企んでいる最中です。今年度もブログはボロボロの状態が続くとは思いますが、おまけのプレコは頑張って発展していきますのでよろしくお願いします。




  1. 2016/05/11(水) 21:55:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

オマケさん

Author:オマケさん
ナマズにはまって40年。いまもプレコ大好き人間。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (279)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR