プレコとおまけの飼育日記(メガクラ、ウルスカ、アルタムも)

プレコを中心に、アルタムエンゼル等紹介する予定です。

ブログを書く前に、今回のヒバンキブコン、ジュンちゃん優勝おめっで等ございます。アの個体を一目見たとき、もうこれしかないという印象でしたね。完全勝利ですよ。少し細くしますと、皆様の中には、完全成熟個体を見たことを無い方も多いと思います。
そのため、アの個体をどう判断するかすごく楽しみだったんですが良い個体はいいんですね。脱帽です。新年会では、最高のお酒でお祝いさせていただきます。それと、長年にわたり、計画しじつげんさせた、フィンの小林さんにはほんと感謝とともに、うまく言葉には表せないのですが、ご苦労様でした、ありがとうございましたとねぎらいの言葉とさせていただきます。きっと想像以上に大変だったと思います。お疲れさまでした。これからも頑張りましょうね。
L66-5
ところで、今回は、L66系です。L66列は、幼体はきれいですが、成長するにつれ黒頃面積が増えます。
ただし、模様は乱れ、白地が綺麗であれば最高の素材になるように思われます。
乱れたうねうね個体は、L66系列を使うのも早道のような気がします。
おまけハウスでも、次世代をねらいまして、 L66系列のネガティブ個体をブリード中エス。その一部を写真は悪いですが見てください。
L66-3
L66-2
L66-1
L66no反転個体になりそうなものは?こんな感じです。
これをもとに、白地の質を上げたり、コントラストをあげれば成体になれば面白くなりそうですね。
L333系とは異なる魅力がありますね。
今後どうペアリングしていこうかな。
それと、少しだけペットショップ若林さんのブログアップされました。リーズナブルな個体も多くいますので見ていただけると幸いです。
  1. 2016/11/21(月) 23:59:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍しく、2日続けての更新です

オリノコ12
久々に写真をとりましたので、たまには連夜の更新させていただきます。
ただし、スマホで撮ったものですから画質がいまいちなのはお許しください。
 写真は、オリノコのF2個体です。
なんとなく、今までとは異なるパターンの模様ですね。いい感じになりそうです。
中抜けしていますし、かなり細ラインですしこれからの変化が楽しみです。
オリノコ13
これは、先日もアップした個体です。きれいとは言いませんが、がまったく異質ですね。
オリノコ14
オリノコ11
あとは、2~3cm程度のまだ幼体ですが、オリノコとしては変わった表現個体が出現しています。
これからどう化けるか楽しみな個体たちです。
オリノコは、幼魚では黒面積が多い個体が多数で、一部の幼魚では白面積が多い個体もいますが、ここまで白面積が多い個体は珍しいですね。
このように、おまけハウスのオリノコは、ほんと確率は低いですがいろいろのパターンの個体が出現してます。
生長も速く、アッツという間に見たことのない個体が水槽内に存在するようになります。
 なかなな面白い、種類ですね。
  1. 2016/11/07(月) 22:45:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Ver.5についての考察

Ver5-2
Ver.5は、VEr.1とは違うどちらかというと、Ver.3に近い細ライン系に属します。ただへんかするのがVer.3より遅く、おまけハウスでも最近ようやく細ライン化する個体がぼちぼち出てきました。
雄の白地は、非常にきれいなため、写真のようなきていなこたいも、多く見受けられます。
Ver5-1
また、メス個体が黒ラインが中抜けする個体のため上記個体のように黒ラインの真ん中が中抜けしてリアル化する個体もいます。
Ver5-3
それでも現状では、上記の様に細ラインと中の個体が多く、表現変化が遅めなのが、ブリードする側とすると欠点です。
購入側川すると、購入後に化ける個体も出てくるため面白いと思いますが、少々ブリーダー泣かせの個体です。
しかし、白地は、雄親の白地が美しいため、まだまだ本来の色は出ていませんが、8cm位になると、その白地の美しさや、黒ラインの中抜けなど面白くンっつてくると思います。
個々により表現が異なり、面白いけっつとうだと思います。
ただしじっくリ飼育して、変化を楽しむタイプですね。
  1. 2016/11/07(月) 00:24:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリノコメガクラについて
オリノコメガクラウンにちぃて
オマケハウスのオリノコメガクラウンは、未成魚のうちは、金色が少ないd巣が成魚になるとともに地肌が金色に変化します。
模様について写真より多少細かくなる個体が平均的ですが、突然、細かくなったり、いわいるミュウータントと思われる個体も少数ながら出現します。それは、幼体から変化している個体もあれば、成魚近くになって変化する個体もいます。
その個体が好きか嫌いかは個人の判断ですが非常に面白い、系列です。変異個体についてはまたの機会に紹介しますが、地肌の金色は、上記の個体とは比べるに値しないほど美しい個体も出現します。(上記の個体も成長とともに金色はつよくなりますがね。)
非常に小さな、個体群ですが、小さな宝石みたいで。かつ、多くのバージョンが出現するため、非常に楽しい系列です。
最近は、どんな個体が出るか、どんな変化がしているかが、楽しみの毎日です。
 生長も速いので楽しいですよ。最近の一押しです。
また、色々の表現個体を紹介しますね。
 最近、ブログの更新少なくて済みません。頑張ります。



  1. 2016/11/03(木) 23:49:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペアリング中

VER3、メス
今面白いペアリング中です。
写真は、最近時々登場する。Ver.1spのF1のメス個体です。
おやは、通称バタフライとつけた個体です。
写真のVer.1spはそのなかでも自分が感じるには、魅力的な表現をしています。
最近、数か月かけて、この親、バタフライとのペアリングする子tができました。初卵なので、筒に入りながら10日が立つ荷が心配なのですが。宇なくいくと、面白い表現のVer1.spのB1個体が取れるのではと期待しております。
一般的表現とは異なる魅力な個体が取れればいいなとおもっています。
細ライン
話は飛びますが、まえもいいましたが、ネッツとでも雑誌でも写真のような細ラインの岩いるリアルと呼ばれる個体が多く出ていますが、ブリードづると感じますが、ほんとの細ラインが出る確率は非常に低く感じます。
ほ徂徠㎜同市を掛け合わsると、細ラインの出現率は当然上がりますが、リアルでなくても、反転因子をもっつている個体を掛け合わsると、非常に低い確率ですが、細ラインのリアルが出る可能性が高いです。
まずは、反転、岩いるメガクラ躯体で楽しみながらいろいろの表現の個体を作成するのも楽しいかなとも感じます。
  1. 2016/11/03(木) 23:27:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

オマケさん

Author:オマケさん
ナマズにはまって40年。いまもプレコ大好き人間。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (278)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR